大友剛 Otomo Takeshi Official website

2010.01.16

ぶったまげマジカルショー! 歴史的な日。

1.16.jpg

待ちに待った「ぶったまげマジカルショー東京公演」
昨年の滋賀での初公演が好評で、今回は東京で実現。
廃品打楽器奏者のともともこと山口ともさんと、七色の声を持つ妖精・シズリンことおおたか静流さんと私の3人で子どもも大人もぶったまげるショーのはじまり!

1.jpg
撮影:相澤心也

ショーのスタートはサプライズ企画でこれは公表出来ません。
生でしか見られないとっておきのステージ、演出、ぶったまげの要素なのです。
そのタイトルは『お背中劇場』
今年またどこかで公演した時に見に来て下さいね。

2.jpg

七色の声を持つシズリン、どこかで見た事あるような衣装!
テレビでもオンエアーされていた、長崎の民謡「でんでらりゅうば」をはじめ、シズリンオリジナルの歌、沖縄の民謡、アイヌの歌など、200人以上の子ども大人と共に踊り歌う。

3.jpg


「ドレミのテレビ」でUAと共演していたともとも。
廃品で作ったドラムセットで演奏。掛け声や動き、全てがユニークで笑いを誘う!
ともともの「一人楽園」は圧巻!今回は僕の大好きな宇宙の音も登場してはちゃめちゃで大爆笑の即興ドラムソロでした。

5.jpg

私のマジックにともともが音の魔法をかける!
毎回 爆笑。リハなしの初セッション。
ともともがマジックの現象に素で驚いていて爆笑でした。
普段やらないマジックが登場しました。

4.jpg

後半ちょっぴり大人の歌を披露。沖縄の民謡の中に様々な動物が登場。全てともともが音演出しています。

さてさて、歴史的瞬間が来ました。
9ヶ月の息子がステージ初登場!しかもシズリンもともともも子どもをおぶって!

6.jpg

初の親子共演。いつも家で抱きながらピアノ弾いているからか、彼は落ち着いていました。観客に挨拶して演奏がはじまります。ゴセックの「ガボット」にシズリンが詩をつけた『すっぽんぽん』を演奏!


7.jpg


打楽器やピアノ、そして歌の気持ちいいサウンドの中で彼は楽しんでいたようです。ステージ上で泣くのではと心配していましたが、むしろ堂々としていて、サイン会の時に「息子さん、お父さんよりも堂々としていましたね!」って言われてしまいました(><)

8.jpg


とにかく幸せな時間、楽しい時間、あっとうい間でした!
最後にもサプライズ演出があり、2時間近い盛り沢山なコンサートになりました。
次回の親子共演はいつになるかまた楽しみです。

「ともとも、タケポン、シズリンのぶったまげマジカルショー」
全国展開したいです。0歳からお年寄りまで楽しめるスーパーエンターテイメントショーです。

主催して頂いた森下文化センターの皆さんありがとうございました。

*全写真 撮影:相澤心也

-->
Pagetop ↑